流動性のある地域に投資マンションを【人口が多いところを狙う】

男性

賃貸住宅の家賃を代位弁済

賃貸住宅の家賃の滞納が発生したとき、家賃債務保証契約を結んでいれば、オーナーは代位弁済を受けることができます。家賃債務保証を利用するには、入居希望者が保証会社の審査を受け、保証料を支払う必要があります。

集合住宅

投資をする

投資用マンションを購入する場合、マンションの立地や間取りが大きく利益に影響していきます。また、投資用マンションの知識を得るためには、様々なセミナーをうまく活用してどんなものを購入したら良いのか情報を得ることが大切です。

マンション

老後の生活資金には最適

将来のために賢いマンション経営を行ないましょう。また、マンションは自分の予算内で購入することができるので、少ないリスクで収入を得ることができます。興味がある方は、ここで経営の知識を付けておきましょう。

世界的にも魅力です

男女

人口が集中しています

投資マンションを買うのであれば、東京は外せません。なぜならば、東京は世界的に見ても魅力的なエリアだからです。現在、国内では人口減少の時代に突入していますが、世界人口はどんどん伸びています。そして、国内の労働力を補うために、外国人労働者の受け入れが緩和されつつあります。このような外国人労働者は主に東京で働き、東京近辺に住むことになります。また、国内人口を見ても、東京への移動が鮮明です。大学のキャンパスなどは次々に都市部回帰を打ち出しています。以前は、自然に囲まれた広大な敷地の中で勉学に励むことを目的に郊外へキャンパスが引越しをしていました。しかし、大学生となる人たちは不便な郊外よりも利便性の高い東京にキャンパスがある大学を選ぶようになっています。そのため、大学もキャンパスを東京に戻しつつあるのです。このような動きがさらに加速すれば、賃貸ニーズは高まり、投資マンションでの運用は魅力がさらに高まります。空室期間が短くなり、賃料が安定するだけでなく、投資マンションそのものの資産価値も高まるのです。すでに、この点に着目をして東京の投資マンションを積極的に買っている人たちがいます。それは外国人投資家や郊外の大地主です。郊外の大地主は、郊外の土地を売却したお金で東京の投資マンションを買っています。東京の投資マンションは、買い手が多いため、流動性も高く、売りたい時にも比較的苦労せずに売ることができます。